Fukui Ballet Web Diary
2022年 4月
バレエの歴史 座学会

 4月3日(日) フクイバレエ団本部スタジオにて、
 「バレエの歴史」座学会 が開催されました。
 講師の山本萌生さんはフクイバレエ団・研究所
 在籍中に ロシアボリショイバレエ学校に
留学の
 機会を 得て留学生活を送り、フクイバレエ団の
 オーストラリア公演(19988月)にも
同行し、
 舞台に華を添えて下さいました。
 バレエ学校卒業後は、日本のバレエ団で
 ダンサーとして活動ののち、大学、モスクワでの
 就職、ボリショイ劇場 バックステージツアーの
 仕事と、バレエを通した新しい
分野にチャレンジを
 続けて現在に至ります。




 私たちが学んでる「バレエ」の生まれた経緯、 
 発祥からどのように派生、変遷をたどって
 現在に至ってきたのかを各時代の文化や芸術の
 流れとともに、わかりやすくお話して下さいました。











 
 技術(踊ること)だけでなく、バレエの歴史や
 それぞれの作品・踊りの背景・時代・場面を学び、
 想像することで 表現力もいっそう養われて
 いきます。

 皆さんのよき先輩からの興味深く有意義な講義を、
 小学生から大人の研究生の皆さん、そして、
 お母様方…多くの皆さんと 一緒に聞くことができ
 ました。

 また、バレエに対する理解を深めるこのような
 場を持てるといいですね。


  

 copyright©2022 FUKUI BALLET all rights reserved.